「セルチャーチ」とは?What is a "cell church"?

関西に新しい風が吹いています。 ニュースタイルのキリスト教会、ぶどうの木セルチャーチ。
A new wind is blowing in Kansai - Grapevine Cell Church is a new style of Christian church.

ぶどうの木セルチャーチは、15人くらいの集会を中心にして、その集会のメンバーが信仰の道を歩むことができるように励ましあい、そのような集会を増やしていく伝道を目指しています。

そのような集会は、「セル」と言い、この形の教会は、「セルチャーチ」と言います。それぞれのセルは、週に一回礼拝を守りますが、平日でもかまいません。たまに、全てのセルが集まって一緒に大会を開きます。

近年、韓国やインドネシアで、セルチャーチが増えていますが、日本では、まだまだ少ないので、ニュースタイルの教会と言えるでしょう。

Grapevine Cell Church emphasizes small group meetings, group members encouraging each other in their walk of faith, and evangelizing others by multiplying groups.

This kind of meeting is called a "cell" and a church structures with cells called a "cell church". Each cell has weekly worship, but not necessarily on Sundays. Occasionally a larger gathering is held for all cells to get together.

Recently cell churches have been getting very popular in places like Korea and Indonesia, but they are still rare in Japan, so we are calling it a "new style".